講習会コース導入園・園長先生インタビュー

2014年夏より、講習会コースをご利用いただいているM幼稚園様。年6回ブリタニカの英語講師が園を訪問し、担任の先生方を対象とした講習会を行っています。講習会では、歌と踊りの練習のほか、ブリタニカ英語のカリキュラムを保育の中に取り入れていただくためのメソッドをお伝えします。園長先生に導入への思い、ご感想をうかがいました。

IMG_3544!園長先生には、ブリタニカの 英語プログラムについてご理解をいただきまして、ありがとうございます。当プログラムの導入を決めていただいた経緯を教えていただけますか。

【園長先生】プログラムの良さを一番に重視しました。日本の英語教育のシステムはアジア諸国と比べても遅れていますので、私は常にアンテナを張って社会の流れに目を向けるようにしています。ブリタニカのプログラムは、日常的に英語に触れられるという点で先進的で、世界の流れに沿っていると感じます。

M幼稚園様では、以前より、週一回外部からネイティブ講師を招き、英語クラスを開催していらっしゃいますね。それにもかかわらず、ブリタニカの講習会コースにご興味を持っていただいた背景を伺えますか。 

【園長先生】従来から導入している英語では、週一回のレッスン以外の時間は全く英語に触れる機会がありません。ブリタニカの英語プログラムは、ネイティブ講師に頼ることなく、担任の先生が主体となって、毎日英語に触れる機会を作ることができるという点に興味を持ちました。

―担任の先生方に主体となってレッスンを進めていただくことについては、どのようにお考えですか。

【園長先生】幼稚園の先生は、英語が得意な人はどちらかというと少ないのですが、音楽は好きで得意な人が多く、優れた音感をお持ちです。ブリタニカのプログラムのように、音楽を通じて英語を身に着ける方法なら、先生方も親しみやすいですし、子ども達と一緒に覚えていけるのではと思いました。

ブリタニカの英語プログラムの教材についてはどう思われますか?

 【園長先生】優れていると思います。今までいろいろなプログラムを試行錯誤してきましたが、ブリタニカの英語プログラムは、実際に教材を見せてもらって、「これなら担任の先生方でも大丈夫そうだ」と思いました。当園では、預かりの時間に英語アニメを流すなど、英語に対してさまざまなアプローチをしています。その中で、基本単語をおさえながら無理なく英語を習得できるブリタニカの系統だった教材は、かなり役に立っています。
シリーズ1は、特にノリがよくて、子ども達もすぐに覚えて踊っていました。家でも口ずさむなどパフォーマンスをしているようで、保護者の反応も非常に良いです。
例えば、”I am happy. You are happy.  We are happy …”の歌詞は、振り付けの効果もあり、”I”, “you”, “we”がそれぞれ誰をさすのか、子ども達は納得して歌っています。近所の病院のイルミネーション点灯式でも歌いました。

子ども達の成長は感じられますか。

 【園長先生】子ども達は、充実感や満足感を持てる経験が積み重なると、自信につながります。ブリタニカの歌も、1曲を自分で習得できると嬉しいので、3歳の子でも、家でご両親に見せたりします。コツコツと積み重ねたことで充実感が味わえ、親の喜ぶ反応が子どもにとっての喜びになります。ご両親も嬉しいし、私たちもご両親から嬉しいご報告を伺うと、それが力になっています。

取材執筆:ライター鯰美紀

お問い合せはこちら

トライアルのお申し込みや質問・気になることなどございましたら、お気軽にご連絡ください!


お電話でのお問い合せもお気軽にどうぞ!
Cro

ブリタニカ・ジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田 8-3-16
西五反田8丁目ビル2F

お気軽にお電話下さい!電話03-5436-2712