講師派遣コース・主任(園長代理)インタビュー

 2013年夏に講師派遣コースを導入されたM幼稚園。導入に向けて積極的にご尽力下さった主任(園長代理)にお話しをうかがいました。

―先生は英語の導入に積極的でいらっしゃったとうかがいました。
主任】:私自身が英語を好きで、以前から園でも遊び感覚で歌やカードを使って、英語を取り入れていました。ブリタニカの英語プログラムとの出会いは、たまたま、『パステルIT新聞』で広告を拝見し、園長に「おもしろそうですね」と見せたことがきっかけです。トライアルは3クラスまとめて総勢90 名ほどでレッスンをお願いしました。子ども達も毎回先生が来られるのを楽しみにしていましたし、私たちも、普段とは違う子ども達の一面を見ることができて、とても楽しかったです。

―先生はもともと、英語がお得意なのですね。
【主任】:学生時代に何度かホームスティをしたことがあります。幼稚園の頃も、課外授業で英語を習っていました。私は最初に出会った先生が大好きで英語を好きになったので、先生選びはとても大事だと思います。

―英語導入に際して、保護者の方々や先生方の反応はいかがでしたか。
【主任】:英語に興味がある保護者の方々は多く、「英語導入は良いですね」と言って頂きました。担任の先生たちは、英語に苦手意識があり多少の抵抗感を持っていたのではないでしょうか。でも、ブリタニカの英語プログラムは、「派遣講師が行うレッスンに担任の先生も参加。担任の先生は、子ども達と楽しみながら復習する」と聞いていましたので、それなら先生も負担なく楽しめるかなと思いました。事前に私から先生たちに、「楽しみながら負担がない範囲で」、「子ども達と一緒に楽しむつもりでレッスンに参加してもらったら良い」、「最初のうちは、難しいことは私がします」ということをお伝えしました。2年目に入って、今はどの先生も楽しんでくれていると思います。

 ―担任の先生方には「毎日CDをかけて下さい」というようなお願いをされているのですか。
【主任】:私からは強制は一切していませんが、ブリタニカの派遣講師が担任の先生に直接アドバイスをして下さるので、先生は朝からCDをかけて子ども達とメドレーを歌ってくれています。保育中も担任の先生から自然に英語が出ていて、子ども達と「英語って楽しいね」という思いを共有してくれていると感じます。

―子ども達に英語が定着したことを実感する瞬間はありますか。
【主任】:最近、特に多いです!以前は私が英語で話しかけたら、「何言っているの?」とキョトンとしていたのに、最近は普通に英語で答えてくれます。特に天気などはよくわかっていますね。今日もレッスンの前に「今日のお天気どう?」と聞くと”It’s rainy.”と振り付きで答えてくれたりして、子ども達の吸収力には本当にびっくりしています。

―お天気以外に、保育中に子ども達がよく発言する英語はありますか。
【主任】:よく聞くのは、挨拶、色、数です。数は派遣講師が毎回レッスンの終わりに復習して下さるので。英語プログラム導入前も、昼食の後に英語で数を教えていたのですが、英語のレッスンが始まってからは、子ども達の発音が良くなったと思います。私は、英語の発音を重視したいので、担任の先生たちに発音をどう伝えるかが課題だったのですが、先生たちの発音も良くなっています。先生の英語のレッスンにもなっていますよ(笑)。

―派遣講師が日本人であることはどう思われますか。
【主任】:特に問題ないと思います。日本人の英語の方が聞き取りやすいですし、子ども達も英語に親しみやすいと思います。「日本人の先生でも英語ができるんだ!」というのも良い刺激になると思います。  

―最後に。先生が英語導入に熱心だったのは、どういうお気持ちからですか。
主任】:子ども達は成長の段階で色んな国の人と出会うでしょう。海外に行くこともあるでしょうし、国内でも英語を使うシーンはあります。外国の方との出会いを通じて、子ども達一人一人の視野が広がれば良いと思っています。

―きっと、先生ご自身が異文化体験で豊かな経験をされたからですね。ありがとうございました。

取材執筆:ライター鯰美紀

お問い合せはこちら

トライアルのお申し込みや質問・気になることなどございましたら、お気軽にご連絡ください!


お電話でのお問い合せもお気軽にどうぞ!
Cro

ブリタニカ・ジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田 8-3-16
西五反田8丁目ビル2F

お気軽にお電話下さい!電話03-5436-2712