監修のことば

小田眞幸(おだまさき) 玉川大学文学部教授 言語学博士 

幼稚園・保育園に通う幼児に外国語を教えるにあたっては、無理のないように準備をしていくことが大切です。

早い時期から、ネイティブ・スピーカーの先生による英語レッスンをいきなり実施している園がよくみられます。しかし日本での経験が少なく、保育については素人である外国人が、ネイティブ・スピーカーであるというだけの理由で英語を教えることについては、様々な研究で疑問が呈されています。幼児期の外国語学習の基本は、日常生活の中での経験を通して、時間をかけてその言語使えるようにしていくことであり、そのために必要なのは、保育のプロである幼稚園、保育園の先生方なのは明らかです。

早く結果を見たいからといって、英語を詰めこむことはよくありません。先生と一緒に様々なものを観察し、声を出し、歌ったり踊ったりしながら得た英語は、その経験とともに蓄積されます。園に通っている間に習得できる語彙数は多くはないかもしれません。しかし、将来英語に接したときに自分の引き出しにある英語を自然に取り出せるよう、その土台をつくっておくことが、今の子どもたちに最も必要なことであると思います。

お問い合せはこちら

トライアルのお申し込みや質問・気になることなどございましたら、お気軽にご連絡ください!


お電話でのお問い合せもお気軽にどうぞ!
Cro

ブリタニカ・ジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田 8-3-16
西五反田8丁目ビル2F

お気軽にお電話下さい!電話03-5436-2712